麻酔技術の発達によって包茎手術の痛みは非常に弱いものとなりました。全身麻酔を使用して行う手術だと、ほとんど痛みを感じないという方もいるほどです。最近ではマスク麻酔を導入し、眠っている間に手術できるクリニックも登場しています。包茎手術は泌尿器科で受けられますが、包茎治療の専門クリニックのほうが麻酔法・手術法に種類があり、より快適な治療を受けることができます。仮性包茎の場合は健康保険の適用外ですが、料金は一昔前と比べてかなりリーズナブルになりました。包茎手術を受けるときは、クリニック選びは徹底するべきです。手術を受けると必ず傷跡が残るものであり、傷なしの手術はありません。しかし、技術の優れた医師だと、ほとんど目立たないレベルまで傷を小さくできるのです。ツートンになったり、勃起時に痛みを感じたりするようであれば治療は失敗なのです。デリケートな部位の手術だからこそ、料金よりも医師の技術で選びたいものです。

包茎手術は安心して受けられます

男性特有の悩みには色々な物がありますが、その中に包茎というものがあります。包茎と言うのは男性のシンボルである陰茎の亀頭部に、皮がかぶったままになってしまう症状です。包茎は病気ではありませんが、男性のシンボルとも言える陰茎の異常ですから、気にしないわけには行かないのです。包茎には大きく分けて二種類あり、真性包茎と仮性包茎があります。真性包茎と言うのは、常に亀頭部が皮で覆われている状態のモノを言います。対して仮性包茎と言うのは、自分で皮を剥いたり、勃起をする事によって、皮から亀頭部が顔を出すものを言うのです。どちらにしても見栄えが良い物ではありませんから、一刻も早く包茎手術をして、きちんと治してしまうのが賢明だと言えます。大切な部分である陰茎の包茎手術と聞くと、不安に感じる人も居るかもしれませんが、今は医療技術が進んでいますので、包茎手術は安心して受けることができます。

包茎手術を受けるべき理由

中度くらいまでの仮性包茎は特に大きな問題とはなりませんが、真性包茎もしくは真性に近い仮性包茎の方であれば、早期の治療が必要となります。包茎を完治できる方法は、現在において包茎手術しかないのです。専用器具を使用して治す方法もありますが、確実性において手術のほうが上です。包茎手術の時期を先延ばしすると、抵抗感が強くなってくるのです。日本人は包茎人口が多く、10人のうち6人は包茎なのです。多くのクリニックでは20代での手術を勧めていますが、これは年齢を重ねるほど恥ずかしい気持ちが強くなるからです。包茎手術は何歳でも受けられますが、40歳、50歳と年齢を重ねると受診に抵抗を覚えてしまうはずです。何より年齢を重ねることで抵抗力が低下しますので、亀頭包皮炎の発症リスクも高くなります。自力で治せない包茎は、手術をして解決するしかないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

post date*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)